2015年10月15日

死んじゃう場合もあるって本当なの?

受診.jpg
「便秘で死ぬこともある」結構ショッキングですね。でも実際にあったことです。

便秘が長く続き、便が腸に溜まっていった結果腸閉塞を引き起こし亡くなってしまいました。
1年以上市販の下剤を服用していて、下剤が効かなくなっていったこと、下剤を服用し続けることで、排便する力が弱まってしまったことも悪化させてしまったのでしょう。

また、便秘になると排便の時にいきんでしまうことから、高血圧になるとも言われています。
大腸ポリープや大腸がんなどの病気も、便秘との関連があるとされています。

便秘で悩んでいる人は多くても、身近な症状であるがゆえにそれほど重大に考えにくいものです。ですが、便秘が長く続いて重症化してくると、取り返しのつかない事態になりかねません。

普段の生活や食事を見直すのも大事ですが、なかなか便秘が解消されずに、症状がひどくなっている場合には、早めに病院で受診してもらったほうが良いと思います。
ラベル:便秘
posted by 便秘 at 21:43| 便秘関連まとめ | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。