2020年10月15日

どうして便秘になるの?便秘の4大原因を知っておく

循環.jpg
何日も便通がない、お腹が張って便がいつもすっきりでない、硬くて辛いなど、便秘の症状は様々ですが、どうして便秘になってしまうのでしょうか?

便秘の原因は大きく4つに分類することができます。

1「弛緩性便秘」
大腸の筋肉がゆるんでしまい、便を押し出す力が弱まり便秘になってしまう症状です。便が長く停滞している間に水分もよけいに吸収されてしまい、便が硬くなってしまいます。女性や高齢者に見られる、最もポピュラーなタイプの便秘です。
ダイエットや加齢による筋力の低下が原因で起こることもあります。

2「けいれん性便秘」
自律神経、特に副交感神経の乱れで、大腸の神経が過敏になってしまい、痙攣してしまう症状です。便を上手く運ぶ事ができないので、コロコロとした便が多くなってしまいます。
原因は精神的ストレスが多い便秘の症状です。

3「直腸性便秘」
便が直腸まで到着しているのにもかかわらず、排便をすることが上手くできなくて、直腸に便が溜まってしまう症状です。
普段から排便を我慢してしまったり、痔など肛門にトラブルをかかえている人がなりやすい便秘です。

4.「器質性便秘」
胃や小腸、大腸や肛門などに問題があり、そのことが原因で便秘になっている状態です。
大腸がんや腹膜炎、腸閉塞や腸捻転、子宮筋腫や潰瘍性大腸炎などの重大な病気が原因になっていることもあり、早急に病院で検査をしてもらう必要がある、最も気をつけなければならない便秘の症状です。
強い腹痛や嘔吐、血便などの症状が現れたら要注意です。

1から3までは「機能性便秘」と呼ばれ、生活習慣の改善などで症状が改善されることもあります。運動不足やダイエット、ストレスなどが原因で起こる便秘です。
それぞれのタイプと症状を知っておくと、便秘の改善に適切に対応することができますね。


ラベル:便秘
posted by 便秘 at 00:00| 便秘関連まとめ | 更新情報をチェックする

2015年10月19日

体操が効果的!ポイントは「柔らかく」「鍛える」

仰向け膝.jpg
便秘をなんとか改善、解消させたいと思っている人は多いと思います。それならば、自宅で手軽にできる便秘体操を取り入れてみませんか?

便秘体操のポイントは2つ。「柔らかく」する場所と「鍛える」場所をしっかり理解して行うことです。

まずは、「柔らかく」する場所のポイントです。
便秘の人は腸が硬くなってしまっている場合が多いです。
腸が硬くなっていると、ぜん動運動が上手くできずに便がたまり続けます。こうなってしまうと腸はガチガチになり、便秘は悪化してしまいます。

この腸を柔らかくする「うつぶせ運動」をしてみましょう。
柔らかいところ、例えばベッドやマットの上などにうつぶせになりましょう。リラックスした状態で、腸を温めるようなイメージでお腹に手を当てます。
この時、手と体重でゆっくりお腹に圧がかかります。
次に、お腹野中で、硬いと感じるところや、張っているように思う箇所をやさしくもんでほぐしていきます。

腸が柔らかくなることで便秘の症状が改善されていきますよ。

次に「鍛える」ポイントです。

骨盤底筋と呼ばれる筋肉は、内蔵を支えていますが、普段椅子に座っている姿勢などで筋力が弱くなり、ゆるんでしまっている場合があります。
そうなると、腸も内蔵に圧迫されてしまい便秘になってしまうのです。

この骨盤底筋を鍛え直す運動をしてみましょう。


今度は仰向けになってください。そして膝を折り曲げます。
その姿勢から腰を浮かせるようにして、お尻に力を入れて持ち上げていきます。
その姿勢をキープしましょう。
この体操で骨盤底筋が鍛えられます。
次に、お腹からおへそにかけてゆっくりてのひらで押し上げるように圧をかけていきます。
下にさがっていた内蔵を元の場所に戻すようなイメージで行ってみましょう。

腸を「柔らかくする」骨盤底筋を「鍛える」、この2つのポイントを意識しながら体操を行ってみてください。毎日継続することできっと効果がでてきますよ。
ラベル:便秘
posted by 便秘 at 22:00| 便秘関連まとめ | 更新情報をチェックする

2015年10月17日

ダイエットとの関連性を教えて!

カロリー2.jpg
便秘とダイエットは関係していることが多いです。
ダイエットをしていると便秘になりやすいと聞いたことがありませんか?

便秘もダイエットも、バランスのとれた食事をすることが大事です。ところがダイエットの効果を早く求めるあまり、食事の量を減らしてしまうと便秘になってしまいがちなのです。


食事量を減らすと便の量も当然減ってしまいますが、便の量が少ないと排便のための刺激が起きづらいのです。また便の量が少ないので、押し出す力も少なく、ますます排便しづらくなってしまいます。
また、ダイエット中は水分の摂取量も少なくなりがちです。むくんでしまうのを恐れて、意識して水分を減らしている人もいます。これでは便も硬くなり、ますます便秘の症状は悪化してしまいますね。

また、ダイエットで筋力が落ちてしまい、スムーズな排便のために必要な下腹部や腸の筋力まで弱くなり、便秘になってしまうこともあります。

健康的なダイエットのために、また便秘にならないためには、食事量を減らさずにカロリーを抑えるようにする、バランスのとれた食生活を送ること、また適度な運動をしていくことが必要ですね。
ラベル:便秘
posted by 便秘 at 22:00| 便秘関連まとめ | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。